読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見ることならめいっぱい

美味しいお酒とキラキラ輝くアイドルがあれば、今日も私の世界は平和です。

滝沢歌舞伎 2016

備忘録

滝沢歌舞伎大千秋楽おめでとうございました。

32日間、全49公演本当にお疲れ様でした。
 
今年の歌舞伎は、
‟観劇=夢見る時間”だと思うので、笑ってもらった方が僕としては嬉しい。(中略)一人でも多くの方に笑顔になってもらいたい。*1

という座長のテーマのもと、喜劇で終わるという新たな挑戦の年だったと思います。

悲劇よりも喜劇の方が演じるの難しかったんじゃないかな~と想像しておりますが、どうだったのだろうか。。。喜劇って‟間”とかテンポとか、作り上げていくのが難しそうなイメージがありました。

個人的には義経の世界観のファンでもあったため当初は戸惑いもありましたが、観劇してみたら、

喜劇で終わる滝沢歌舞伎もええじゃないか!!!!!

すっかり鼠小僧の世界観のファンになっておりました。
いや~今年もいい舞台を見ることができた。
とっても幸せな春となりました。
 
 
さて、ここからは備忘録。
 

 後日加除訂正

 

観劇日:4/23・24
ようやく私にも春が訪れました。
 
第一部

オープニング

「OVERTURE」
  • 幕が開いたら、滝沢座長。座長の挨拶から公演がスタート。

春の踊りは??よ〜いやさぁ〜

  • “滝沢歌舞伎”の幕が落ちてくる演出は無く、代わりに白幕にこれまでの歴史を振り返る映像がプロジェクターで映し出される
「春の踊り」
  • 振り付けが変わっていた
  • 櫓も変わってた
「いにしえ」
  • 振付は従来のまま(“いにしえ”のダンスが大好きです♡)
  • 以後のシンメ割り
岩本✕ジェシー,佐久間✕京本,深澤✕阿部,渡辺✕宮舘,林✕増田
  • ジェシンメの絶対的センター感凄まじい!!!スタイルの良さといい、オーラといい、互いのグループでは出さない?出せない?魅力に溢れてた・・・
  • きょもさくのシンメも体格のバランスが合ってて良かったな。ダンスは‟静と動”と正反対のようだけど、どちらも表現力に溢れてて、ある意味バランス取れてたような。
  • グループの垣根を超えたシンメ割り、新鮮で素敵でした!!!
  • 何と言っても、“いにしえ”の最初から最後までSnow Manがいる!って事にガッツポーズ

 

オープニング2
「OVERTURE 2」
  • Jr.全身黒の衣装で逆V字に並び、健くんの紹介。走って捌ける
「Maybe」
  • 健くんの表現力の素晴らしさ。私の語彙力では語り切れない
  • 2番〜佐久間・林バック。佐久間=艶やか,若い色気、林=大人な色気という感じ。素人目に見てもとても高度で複雑な振付だったけど、いとも簡単そうに、そして色気たっぷりに踊り切る二人に終始魅了された。
  • ダンスの艶やかさでは他の追随を許さない、佐久間のダンスに目を奪われる。“いつか”が演目に無い虚無感をあっという間に埋めてくれた
  • あれ?健くん全治3ヶ月だよね!?って錯覚する位に踊ってる。踊れてる。ショーマンってスゴい!!!
 
4剣士
  • 深澤渡辺宮舘阿部の4人、タッキー相手にスローモーションで殺陣
  • 岩本:剣を逆手持ち、ジェシーるろ剣左之助の‟斬馬刀”みたいな武器を振り回す。
  • これってタッキー・岩本・ジェシー・トワラーさん全員が敵対してて、その他とも敵対してるって解釈でおk??
  • 殺陣の途中で岩本フライング。フッキングは宮舘。Snow Manのメンバーが遂にフライングデビュー!!!!!健くんの代役という大役だけど、カッコよく飛べてたぞ!!!
  • タッキーが板の上を走り抜けた後に板を叩いて知らせる姿がカッコいい!よっ仕事人!
  • 仕事人宮舘はタッキーが3枚の板の上に立つ演出で“最終取締役”のような働き。JAEの方と森継は板セット後捌けるが、支える最後の一人が宮舘!タッキーが命を預けられる存在の宮舘!!目を閉じてフーっと息を吐いて精神統一をし、いざ。
 
お化け
  • 前評判以上に怖い。想定を超えた怖さ。ここはお化け屋敷ですか!?はたまた稲川淳二の怪談話会場ですか!?
  • 音響がリアルお化け屋敷。遠くから迫ってくる音
  • お化け役の人、ガタイ良すぎな件。一応女役のはずなのに肩幅広いし、身長デカイし、、、ガタイの良さが恐怖感を更に煽る。ところでお化け役はダレですか??
  • 林くんすげえ!の一言に尽きる。三役演じ分けが完璧
  • 適材適所ってこう言う事を言うんだなー。滝沢座長スゴいなー。

 

MASK
「MASK DANCE」
  • 健くんが椅子に座っている姿、“絶対的帝王感”がハンパじゃない
  • 何度も言うけど、全治3ヶ月だよね!?何でそんなに踊れるの!?フツーに地面に足つけて移動して踊ってるよ!
  • 肩幅で岩本くんがすぐに分かる。岩ザップすごい
  • 振り付けがガラッと変わってた。以前よりも難易度UP&表現力が求められる振り付け。パンフレットに健くんの想いが綴られていたので、以下に記載。
『MASK』は、僕が以前から尊敬しているダンサーの方に振り付けをお願いしました。もともと僕は、曲の世界観を最大限に伝えるには、振り付けの存在がとても大きいと思っていて、毎回、その曲に合った振付師の方にお願いしているんです。(中略)一緒に踊るJr.にとっても、世界で活躍している人の振り付けに触れられるのは貴重な経験、そしていい刺激になるんじゃないかなと思ってます。*2
 
変面
「変面」
  • 進撃の巨人”の調査兵団のシンボルマーク“自由の翼”、のような衣装で京本が下手に登場。英語の曲なのかな?フランス語??座長の変面のシーンのBGMを担当。
  • 京本の歌って聴く度に上手くなっていく不思議。努力家なんだろうなー
 
太鼓
「太鼓導入」
  • 幕開く前から気合入れの声が聞こえてくる
  • 岩本、遂に腹筋太鼓デビュー!待ってました!!!
「太鼓」
  • センターの大太鼓を宙吊り状態で叩くケンタッキー。その周りを円状にJr.とJAEさんで取り囲む配置
  • 腹筋太鼓始まったら盆が回転し出してビックリ
  • 他の人見ようとしても絶対視界に入ってくる岩本。だって、一人だけガタイが異次元だし、皆が頭を左右に激しく振って叩いている場面でも表情一つ変えないし、極めつけは全くブレない体感ね…。最初っから最後まで攻めの角度の岩本さん・・・凄いの一言に尽きました。
  • 演奏後、暗転してから自分の背中の位置の床掃除するジェシー
 
DANCE
「浮世艶姿桜」
  • これが名曲“いつか”と世代交代して滝沢歌舞伎代表曲になるのかな?!?!
  • “いつか”を彷彿とさせるピンスポの下で踊る女ダンさんたち美しい。そこにSnow Manは居ない…切ない…
  • 噂のミニセグウェイきたー!無表情で乗りこなす姿がシュールすぎるだろ。
  • でもLEDライトの演出もあって、美しかった
  • 舞台袖にミニセグウェイ片付けに行ったと思ったら、ダンスタイムきたー!群舞カッコ良い。フォーメーションがめくるめく変わっていってすごい!!!圧巻
 
滝沢一座
  • 恒例の渡辺阿部コンビでスタート。
  • Snow Man揃ってピンクの‟滝沢歌舞伎”法被を着用
  • 健くん、タッキーの幼少期の写真(プラス深澤の幼少期の写真)入所時、デビュー後の写真。
「楽屋」
  • 阿部くん噛む。Snow Manの笑顔に癒やされる
  • 深澤「久しぶりの共演という事なので、お二人に共通質問です。健くんは滝沢くんと二人でどこに行きたいですか?」
  • 佐久間「けんくん!けんくーーん!(全力お手振り)健くんに共通質問ですっ!健くんは佐久間とどこに行きたいですか?」
  • 深澤「いや、それ共通質問じゃないから!!!」
  • 結論:佐久間のお馬鹿が露呈されたのと、深澤のツッコミの早さに驚かされる。
「Seasons」
  • 所謂、歌選抜4人による英語の曲。
  • とにかく歌が上手い。綺麗。ヒーリング効果絶大
  • 京ジェメインだけど、時折来る増田・林くんの美声に酔いしれる。
  • 1~2フレーズだけの林くんのソロのインパクトが半端じゃない位の美声。本当に歌うまいなーと再確認できた^^
「舞台化粧」
  • 座長のお化粧を邪魔したい健くん。座長がマイクを置くが再度話しかける健くん。無邪気か
 
滝沢歌舞伎
「序章ー口上」
  • 元太&基くんペアが幕の前に登場。「とざいと〜ざい」のスーパー双子感!!!背格好も似ててただただ可愛い
  • 金屏風の前にピンクの裃着たメインJr.。濃淡で言うと、濃〜淡=林増田・深澤渡辺宮舘佐久間阿部京本・岩本ジェシーってな感じかな。林増田は完全ピンクで岩本ジェシーは淡い桃色。
  • 裃チョーーーカッコ良い!裃着てるJr.見れたのがとっても嬉しくて><
  • ちょいちょい笑いを入れてくるから気を抜けない。お笑い担当深澤渡辺だけじゃなく、増田の「生粋の江戸っ子だよ!」と宮舘の「嫌いになっても構わない 好きにさせる自信があるから」はお笑いポイントで正解ですか??
  • いや、私は宮舘の口上にはキャーーー(/_\)ってなっちゃった側の一人ですが
  • 個人的には、深澤が名前言えてるver.と渡辺に邪魔されちゃうver.見れて良かった
  • 後半戦のケンタッキーのムチャ振り口上ver.も見たかったな
  • 立ち上がって後ろを向くと、全員の背中に一文字ずつ\L・O・V・E・!・滝・沢・歌・舞・伎/

 

「一章ー祭り」
  • ワタシ的大好きな演目でした。日本舞踊の美しさ綺麗さ、言葉では表現しがたい高揚感
  • 扇子を口に加えて羽織を右腕だけ脱ぐ→両隣を見て頷き合う・・・キュート!!!
  • かと思えば、後半はテンポが上がって少し激しめ。日舞のテンポアップって表現が難しそう~
  • 何がすきなのかなーって考えてみたら、羽織袴で踊ってるからすきなんだなと納得
  • ジェシー見得が上手すぎる!!!首の使い方が上手いのかな!?見得はジェシーを見るべき!!だ!!!

 

「二章ー男女の舞」
  • ケンタッキー美しい。美の二乗
  • タッキーの女役が去年よりも格段にレベルアップしていて、とっても麗しかった

 

「三章ー蝶の戦い」
  • 黒と白の戦い?
 
 
第二部
第一場
「鼠小僧次郎吉、登場!」
  • 宮舘がお囃子。3つの和楽器を4つのバチで演奏してる。音の強弱はもちろん、音色も変化させてて圧巻の一言。リズム感素晴らしいし、本当に多才な人ですね!!!
  • Jr.「「「鼠、御用だ」」」長妻「待て待て待て、長妻だよ!!!」Jr.「「「なぁ〜んだ、長妻か〜」」」
  • Jr.「「「鼠、御用だ」」」鼠「Hey!Say!JUMPの伊野尾慧だよ(声真似)(激似)」Jr.「「「なぁ〜んだ、伊野尾くんか〜」」」
  • のくだり、最高に笑った
 
第二場
「お丸の団子屋」
  • 渡辺阿部がストーリーテラーの役割かな。要所要所で流れを言葉にしてくれるから理解しやすい
  • 谷村声枯れてる。がんばれ!
  • お丸さんにメロメロなJr.がただただ可愛い。後ろで自分のほっぺツンツンしながらウィンクしたりキス顔してる阿部くん
  • 笑いを隠し切れない渡辺
  • お丸さんのつけまシーンでは、下手組がきゃ○ーぱみゅぱみゅの“つけまつける”踊ってる
  • お丸さんを羽交い締めにした際、両乳触っちゃう京本→激おこな渡辺阿部→両手をニヤニヤ見つめる京本
  • 万年思春期か!!!
  • ここには書き切れない程、アドリブ?のオンパレード。
  • 書き切れないという事は見きれないということ。目が足りない事件勃発

 

第三場
「鼠小僧、見参」
  • 影武者=佐久間
第四場
「鼠の夢」
 
第五場
「鼠、人を惑わす」
  • 佐久間がお馬鹿なお殿様ってチョー適役!コワいよぉーコワいよぉー
  • ジェシーと増田が突然歌い出す英語のR&B系の曲「MOUS KIDS」のダンスがカッコ良い〜!お着物着てあんなに激しいダンス踊るとは誰が予想できた!?
  • おかけで渡辺の生足堪能しました
  • お丸さんのダンス、激しい…ね…
  • あれ?女性役だよね???
  • でもそんなお丸さんも素敵( ^^)
 
第六場
「鼠とお丸」
  • 花道上でのお芝居。この辺りから舞台を歩くお丸さんが女性にしか見えなくなってくる不思議
  • 屋根に登るくだりでのやり取り

 

第七場
「鼠、江戸を疾る」
  • フィナーレに相応しくド派手。幕が開いた瞬間から水音が聞こえてきて???
  • と思ったら、水の掛け合いが始まったーーー。えーーー客席まで飛んでくるぞ、、、
  • 水避けシートは〜4列まで
  • ホースまで出てきて、もう恐怖でしかない!
  • 健くんホースで集中放水受ける岩本。床に蹲って暫し戦闘不能。
  • 復活するもすぐさま桶水浴びて、ノックアウト
  • お丸さんの暴露は、チャックの阿部くんとミニセグウェイ落下の宮館でした。
  • 私たち観劇した公演では、まだお丸さんは放水受けてなかったよー。ホース振り回して全力で放水楽しんでた側の人だった。
  • ギリギリシートが無い列だったけど全く飛んで来ないから安心してたのに、わ!た!な!べぇぇぇ!!!舞台中央でホースの水を受けて全身ブルブルしたら、その水が大量に飛んできたーーーー
  • “なべ汁!”とか喜んでる暇もなく飛んでくる水!!!
  • 濡れても何だかんだ楽しかった!観客参加型アトラクション感覚!!参加できてハッピー
 
カーテンコール
「ラインナップ」
  • 一度降りた幕が開き、セット上に整列
  • 毎年のことながら、Snow Man一人ひとり呼名されて一歩前に出て、最後岩本が片手を挙げて全員揃って挨拶の流れがカッコ良い
  • 京本ジェシー林増田までは個人名の紹介有り。四者四様の挨拶でとっても素敵でした。特にジェシーの挨拶がどこかの国の貴公子オーラむんむんで目が奪われた

 

「WITH LOVE」
  • 池?の水面に桜の花びらが浮かんでてとっても美しかった
  • 気を抜いてたら、女ダンさんが蹴った水を浴びた…
  • 何度見ても「WITH LOVE」の手話の振り付けが素敵です。心にグッときます

 

「Love」
  • スタオベの状態でスタート。一気に客席が横揺れ縦揺れのノリノリライブ会場に変身
  • AメロBメロで上手・下手組別の振付。下手組は佐久間リードの下、ヲタ芸みたいなフリ
  • それを微笑んで見守りながら踊る上手組
  • 健くんが渡辺に話し掛けようとしたら、とんでもないスピードで割って入ってくる佐久間。健くんにハートを書いて飛ばす佐久間。アホの子可愛い
  • ケンタッキーフライング。下手では佐久間渡辺深澤でキャッチングし、増田がフック外す。佐久間が足、渡辺胴体、深澤全身、ってな感じで抱き止めて台に降ろしてた
  • 職人の顔をしてる3人カッコ良い〜
  • こんなに明るく笑顔で終える歌舞伎って新鮮!!!

*1:滝沢歌舞伎2016パンフレット‟滝沢秀明”インタビュー

*2:滝沢歌舞伎2016パンフレット‟三宅健”インタビュー